facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&A Facebook

 青少年室では、教団諸教会の青年たちと交流を持ちつつ、色々なアイディアを出して頂きたいと考えています。そのため、Facebookを重点的に利用する計画を立てています。
 Facebookについては、既に友だちとの交流に用いている方も多いことでしょう。ただ、「分かっているようで分からないFacebook」とも言われます。基本的な理解を持って頂けるよう、簡単に解説致します。
 Facebookを既に利用しておられる方も、FacebookページやFacebookグループについては、あまりなじみのない方も多いと思います。これについても、簡単に解説しています。

内容目次*

Facebook基本編】

Q1:Facebookって何ですか?

Q2:Facebookの利用を始めるにはどうしたらよいですか?

Q3:Facebookでコミュニケーションを始めていくにはどうしたらいいですか?

Q4:Facebookを利用する時の注意点がありますか?

Facebookページ編】

Q1:Facebookページって何ですか?

Q2:Facebookページの情報を自分のニュースフィードに表示させるにはどうしたらよいですか?

Q3:青少年室のFacebookページがありますか?

Facebookグループ編

Q1:Facebookグループって何ですか?

Q2:どんなグループがありますか?

Q3:「JCCJ若者と応援者の広場」にはどのようにしたら参加できますか?

Q4:今後更にグループが作られる予定がありますか?




内容本文

Facebook基本編】

Q1:Facebookって何ですか?

 201210月には、利用者が世界で10億人を越え、現在、世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS、インターネット上のコミュニケーション・サービス)です。
 基本的には実名登録制ですので、現実の世界の人間関係を基にした交流サービスと言ってよいでしょう。
 Facebook上で「友達」登録した人々とのコミュニケーションが中心になります。一旦「友達」登録をすれば、「ニュースフィード」と呼ばれるページに、その方々の投稿内容などが逐次表示されます。お互いの経験や心境を分かち合いながら、交流を深めることができます。


Q2:Facebookの利用を始めるにはどうしたらよいですか?

(1)Facebookアカウント登録をしよう

 下記、Facebookのトップページから登録を行ないます。

 https://www.facebook.com/

 登録パスワードは毎回のアクセスに必要ですので、記録しておきましょう。

(2)プロフィールを完成させよう

 Facebook上で自己紹介の役割を果たします。写真を載せたり(載せないことも可)、必要な情報を加えたりします。



Q3:Facebookでコミュニケーションを始めていくにはどうしたらいいですか?

(1)「友達」登録をしよう

 Facebookで交流したい友人を「友達」招待します。Facebook利用者であれば、友達検索欄に氏名を記入すれば、リストに出て来ますが、同姓同名には気をつけましょう。
 メールアドレスからの検索もできます。「友達」招待をした方が「承諾」をしてくれれば、「友達」としての登録が完了です。


(2)「ニュースフィード」で友達の投稿を読んで応答しよう

 コミュニケーションの中心は「ニュースフィード」と呼ばれるページを通して行ないます。このページに、「友達」たちの投稿内容が時系列順に表示されます。
 彼らの投稿内容に対してレスポンスを加えたいときは、「コメント」欄でコメントを書くこともできます。(コメント欄は、文字確定後、
Enterボタンを押すと、投稿されてしまうので注意。改行したいときは、Shiftキーを押しながらEnter。)
 とりあえず、「いいな」と思った投稿には、「いいね!」ボタンを押してその思いを伝えることもできます。


(3)自分の経験や心境を投稿しよう

 より積極的に交流を深めていきたい場合は、自分のニュースフィードなどで投稿すると、自分の経験や心境を「友達」と分かち合うことができます。ページ上部の「今どんな気持ち?」と書かれたスペース(ウォールと呼ばれる)で投稿できます。
 投稿は、自分の「友達」たちのニュースフィードページに表示される仕組みです。



Q4:Facebookを利用する時の注意点がありますか?

(1)プライバシー設定に注意しよう

 自分の個人情報がどの範囲にまで伝わってよいか、プライバシー設定をしておくことをお勧めします。
 ページ右上の歯車マーク、または鍵マークから設定できます。とりあえずは、自分の投稿の共有範囲を「友達」に限定しておくことをお勧めします。


(2)友達についての情報を不用意に公開しない

 Facebook上の情報は、友達から友達へと広がりやすくなっています。それだけに、友達の情報を不用意に公開すると、友達が「知られたくない」と思っていることが「知られたくない」と思っている人に伝わってしまうことがあります。
 友達の情報の扱いについては、注意しましょう。


(3)知らない人からの「友達」申請には気をつけよう

 知らない人から「友達」申請が届いたときは気をつけましょう。「友達」の「友達」だからといって、自分の「友達」がその人を本当に知っているとは限りません。
 直接知らない人からの「友達」申請は承諾しない方が無難でしょう。



Facebookページ編】

Q1:Facebookページって何ですか?

 フェイスブックナビ(facebookの使い方を解説する公式ページ)によれば、「企業や著名人、アーティストやブランド、同好会などが、ユーザーとの交流のために作成・公開したページ」と解説されています。
 Facebookのコミュニケーションは、個人と個人の交流を基本にしていますが、団体や職業人として、情報発信し、人々と交流を持ちたいと考えることがあるでしょう。
 そのような団体、職業人としてのページが
facebookページと呼ばれるものです。「著名人」だけが作れるというわけでなく、Facebook利用者であれば誰でも作成できます。


Q2:Facebookページの情報を自分のニュースフィードに表示させるにはどうしたらよいですか?

 誰かの情報を自分のニュースフィードに表示させるには、その人と「友達」登録すればよいのですが、自分が気に入ったFacebookページの情報を自分のニュースフィードに表示させるには、どうしたらよいのでしょうか。
 その方法は簡単で、そのページで、「いいね!」ボタンを押すだけです。これで、そのページの「ファン」として登録されたことになり、そのページの情報が自分のニュースフィードに流れるようになります。
Facebookページが以前はファンページと呼ばれていたゆえんです。


Q3:青少年室のFacebookページがありますか?

 はい、あります。

 https://www.facebook.com/jccj.youthmission

 ぜひ、アクセスしてください。そして、よろしければ、「いいね!」ボタンを押してください。青年宣教大会に向けたニュースなどを逐次アップしていきます。
 ぜひコメントなどお寄せくださり、応援してください。
 また、このページを中心に、教団の青年たちの間によき交流が生まれたらと願っています。



Facebookグループ編

Q1:Facebookグループって何ですか?

 Facebookには、「グループ」というものがあります。これは、Facebook利用者にメンバーになって頂いて形成するものです。
 メンバーになると、そのグループページで投稿できる仕組みです。このグループには3種類の設定があります。

 公開グループ:管理者やメンバーだけでなく、投稿内容も公開されます。

 非公開グループ:管理者やメンバーは公開されますが、投稿内容は公開されません。

 秘密グループ:投稿内容はもちろん、管理者、メンバー、グループの存在も公開されません。

 このグループでは、ファイルや写真の共有などができ、グループで何かをするためにも便利な機能がつけられています。


Q2:どんなグループがありますか?

(1)JCCJ若者と応援者の広場(非公開

 教団の青年と彼らを応援する方々のためのグループです。大会のために祈りたい、何ができるか分からないが協力したいという方、ぜひご参加ください。
 青年以外の方々の参加も歓迎です。
 また、教団の青年たちの交流の場、互いに信仰を励まし合う場としても用いて頂ければ幸いです。


 アドレス → https://www.facebook.com/groups/572344419519212/




Q3:「JCCJ若者と応援者の広場」にはどのようにしたら参加できますか?

(1)参加資格

 教団の青年であるか、彼らの祝福ために祈りたいという思いをお持ちの方でしたら、どなたでも参加して頂けます。

(2)グループページにアクセス

 facebookページ上部の「友達、スポット等を検索」部分に、グループ名を記入すると、グループページにアクセスできます。

(3)グループページで内容確認

 グループページで、メンバーやグループの趣旨(ページ右側上部)を確認することができます。

(4)参加希望を出す

 グループページ右側上部の「グループに参加」をクリック。

(5)管理者承認

 管理者が承認手続きをすると、メンバー登録完了です。

(6)投稿などご自由に

 メンバーに登録されたら、グループページからご自由に投稿ください。まずは、自己紹介から、よろしくお願い致します。



Q4:今後更にグループが作られる予定がありますか?

 教区青年部などからのご要望があれば、専用グループを作ることもできます。ご相談ください。