宣教大会のためにできること

pen

主にある交わりの一番必要な若者、学生たちにはお金がありません!その親たちも大変です。

だれがそれを支えることが出来るのでしょう。自分のために生きる人生も悪くはありませんが。青年を通して神のためにささげることはできないでしょうか。ただし主に期待する喜びを持ってでなければ意味がありません。

宣教大会の会場は限られています。祈りと知恵といろいろな助けが必要です。ここに信仰を働かせるチャンスがあります。またインターネットで中継が出来ればと考えています。各地区や教会で興味のある方は協力ください。

サバイバル集会になるのではといわれる方もおられます。心配な方は祈ってください。多分大丈夫です。

シオンの丘は3千坪といわれますが山地となっており、そこにかわいいチャペルと小さな宿泊できる建物があります。40名くらいはゆったりと止まれると思いますが、震災時を思い起こし頑張れば150名も夢ではないでしょう。チャペルは100名以上入ったことはありますが、冷房はありませんもちろん外なら広いです。近くの河川敷ならもちろん三千人でも五千人でもいけるでしょう。

出来れば若者を中心に百名くらいが手ごろかもしれません。平行して近くの教会で別プログラムも出来ます。主の導きと備えに期待をして祈り待ち望みたいと思います。

気になる方は近くにホテルなどもあります。心配な方は自分で用意ください。savai

送迎の奉仕をして下さる方は、祈り細心の注意を持ってお願いします。

差し入れは歓迎しますが、特に熱い祈りをお願いします。

宣教大会の期間だけでなく、前後も会場のシオンの丘を用いることが出来ます。大会前はいろいろな準備、大会後はキャンプやボランティアなども企画できます。もちろん草刈りもあります。

あなたにとって宣教大会とは?

himawari

 

 今回の宣教大会は、集会が目的ではありません。むしろ一人ひとりが神に期待して信仰の一歩を踏み出すことに意味と目的を置いています。

 対象者は十代、二十代の方々を中心に考えています。もちろん、それ以外の方々も大丈夫です。ただし、信仰は自分だけのものではなく人を励まし生かすことにも働かせることが出来ます。これからの時代を担って青年たちが、キリストにあって変えられ信仰を土台として輝いて生きていくために、年配の方は特に祈りをもって、また具体的サポートをよろしくお願いします。

 

たとえば…

九十歳、百歳を超える方は特に覚えてお祈りください、

七十歳八十歳の方は、祈りと共に神が真実な方であることを証しして若者を励ましてください。

また信仰を持って十代、二十代の青年に声をかけ送り出してください。

六十代の方は新しい出発のときです。主の語られることばによって四十、五十の方を励ます信仰を見せてください。

四十、五十代の方は主を見上げて踏ん張って、三十代、二十代の青年を励まし支え主のために用いてください。

三十代、二十代の方々は、十代の若者たちに主に従うことの素晴らしさを、自らの姿を持って証ししようではありませんか。

教団は…教団はわたしたち一人ひとりです。組織や建物のためだけでなく、人にもっと祈りと具体的投資をしなければならないときではないでしょうか。

牧師は……あまりにも惨めな状況です。教会の日々の雑務から牧会、メッセージの御用だけでなく、今まで蓄積された課題など、多忙とストレスにさらされています。しかしわたしたちの主は生きておられます。生涯を主にささげて立ち上がったことを思い出そうではありませんか。人間的考えでいろいろなものを背負い過ぎないように、共に働いてくださっている主に委ねきる信仰に立ち返らせていただきましょう。たとえ数人の群れであっても、アブラハムがイサクをささげたように、手放したくない教会の担い手や若者を、自分の思いではなく神の手にお任せするときではないでしょうか。

 

十代の方々へ

 あなたの人生は可能性に満ちています。しようと思えば何にでもチャレンジすることができます。wakai  

しかし人には限界があります。限られた時、限られた命を生きているからです。しかしあなたを創られた神は、あなたのすべてを知った上であなたを受け入れ、イエス・キリストを十字架につけてまで、あなたを生きるようにしてくださいました。あなたが経験する事はどんな失敗や弱さにも、意味があります。人にどのように言われてもです。たとい罪にがんじがらめになっていたとしても、だからこそ十字架があるのです。神はあなたを愛し、今もあなたと共にいてくださいます。

 

あなたは何をしたいのでしょう…。神に祈ってみましょう。

また、誰かにいっしょに祈ってもらいましょう。

神がその祈りに応えてくださるかどうかがわかるじゃないですか。

たといどんなところにいたとしても、神はあなたが心を開く時自由と喜びを与え、新しい一歩を踏み出す力を与えて下さるはずです。それがあなたにとっての宣教大会なのです。

 

 

あなたは自分の人生を自分で決めつけていませんか?

atarasiku2

わたしたちの人生はもちろんわたしたち自身のものです。

しかし同時に、生まれた環境や時代、関わった人々の生きかたに影響を受けている事を考えれば、

わたしたちの人生は、わたしたちだけのものではないのかもしれません。

 

わたしたちが一番影響を受けているであろう家族や、学校で出会う教師たちは、

自分持っている経験と知識によってわたしたちに歩むべき方向を示してくれます。

しかし時には、わたしたちのまだ成熟していない姿を見て、あるいは自分たちの強い思いによって、わたしたちの将来を小さく決め付けてしまわれることもあります。

 

聖書はわたしたちに神に愛されている事を明確に語っていますが、

それだけではなく、

わたしたちがイエス・キリストの十字架の事実によって神を認め、神と共に生きるようになる時、

イエス・キリストによって新しくされることを教えています。

わたしたちは自分の経験と学びとによって成長する事ができるだけでなく、

神と共に生きる人生を選び取ったときに新しくされ、変わることが出来るのです。atarasiku

 

わたしたちが弱くても、共にいてくださる神は強いです。

わたしたちが知らなくても、いっしょにいてくださる方はすべてを知っていてくださいます。

もし失敗してしまっても、主はそれを新しい歩みのためのチャンスにしてくださいます。

たといわたしたちが病やいろいろのハンディを背負っていたとしても、

神はそれに勝る助けと知恵をあたえることができますし、

そのすべてをおおい尽くす、平安と喜びによって輝かせてくださることができるのです。

 

あなたの人生はだれのものですか?

 

もちろんあなたのものです!

 

しかしあなたを愛してこの世に命を与えてくださった神は、


あなたを知識や経験、人々の良い考えによってではなく、

神の愛と、約束を信じる信仰によって新しくしてくださり、

どんな状況の中にあっても神が共にいてくださることを信じる信仰によって、

輝きに満ちた生涯を与えて下さるのです。